記載日:2006/03/04

ハードディスク容量の違いによる5モデル

BUFFALO社 の NAS である TeraStation TS-TGL/R5 シリーズ にはハードディスクの容量から 320GB, 640GB, 1TB, 1.6TB, 2TB の5種類のラインナップがあります。性能自体はどれも同じなので単純にどれだけハードディスク容量が必要かで選びます。

RAID の仕組み上ハードディスクの容量を100%利用できるわけではなく、RAID5 なら全容量の3/4、RAID1 なら全容量の1/2が利用できる容量となるため注意が必要です。例えば1TBのモデルの場合、RAID5 なら750GB、RAID1 なら500GBが利用可能です。

TS-TGL/R5シリーズ の他にもホームユースを意識した HS-DTGL/R5, /HD-HTGL/R5シリーズがあります。




TeraStation TS-HTGL/R5 シリーズの紹介記事
1
RAID対応ハードディスク TeraStationなどRAID対応ハードディスクの購入を考えている方はこちらへ
2
TeraStation(NAS) BUFFALO社?製の NAS?TeraStation TS-TGL/R5 の概要
3
TS-TGL/R5 シリーズラインナップ BUFFALO TeraStation TS-TGL/R5 製品ラインナップと仕様
4
Mac環境からの利用制約 Mac 環境から TeraStation を利用する際のファイル制約や文字化け
5
市販ソフトでMacからTeraStation利用時の文字化けを回避 THURSBY Software社のDAVEを利用してMac環境からTeraStationを利用する際のファイル制約や文字化けを回避
6
MacでTeraStation文字化けの様子 Mac環境からTeraStation利用時の文字化けの様子を画像で貼り付けました