profaim  >  関連ソフトウェア  >  開発ソフトウェア  >  JRE/JDK(Java実行環境)

JRE/JDK(Java実行環境)

記載日:2005/11/27 最終更新日:2006/02/28

JRE とは

JRE 概要

JRE とは、J2SE Runtime Environment の略で Java で書かれたプログラムを実行するためのソフトウェアです。純粋に Java で書かれたプログラムであれば、JRE がインストールされた環境上で再コンパイルすることなく実行できます。

JRE は、Windows をはじめ、MacOS、Linux、Unix などほとんど全ての環境用に提供されており、実質的に Java 言語で書かれたプログラムならば全ての環境で動作するということになります。

これは、Java コンパイラが Java で書かれたプログラムを中間言語と呼ばれるプログラムに変換することによります。環境に依存しない中間言語のプログラムを Windows や Macintosh 等の各環境に最適化した JRE 上で実行させることで、Java は環境に依存しないかつ実行効率の良い言語を実現しているわけです。

つまり JRE とは..

JRE は Java で書かれたソフトウェアを動かすために必要なソフトウェアです。Java プログラムを使用したい場合、その PC に JRE がインストールされていなければ実行できないため、先に JRE をインストールしておかなくてはいけません。

JRE に関する情報

Java言語も JRE も Sun Microsystems 社 によって開発・提供されています。どちらも無償で利用することができます。今回はWindows XP 環境下で JRE をダウンロードしてインストールを行いました。

JRE に関する最新の情報は、 Java のホームページ ( http://www.java.com/ja/ ) から得られます。JRE のダウンロードもここから行えます。執筆時点で入手できる JRE のバージョンは 5.0 でした。




各コンテンツへは左のメニューからアクセスできます。



  JRE/JDK(Java実行環境)  
JRE for Windows
JRE5.0 ダウンロード方法
JRE5.0 インストール手順
JDK for Linux
JDK5.0インストール

PR

カスタム検索