profaim  >  ユーティリティ  >  JavaScriptライブラリ  >  フリガナ自動適用スクリプト

フリガナ自動適用スクリプト Ruby AutoApply

作成日:2013/09/26
JavaScript Ruby AutoApply

1.ウェブページにルビを振ろう

1−1.難しい漢字や専門用語。ルビがあるだけでだいぶ違う。

ウェブページを記述する HTML にはルビを振るためのタグがあります。<ruby>や<rb>や<rt>や<rp>…。1つの単語にルビを振るだけでこれら全てのタグを使わなくてはなりません。これが慣れてきてもけっこう面倒だったりします。

2.ウェブページに後からルビを振るライブラリ作りました。

profaim Ruby AutoApply スクリプト

ルビを振りたいウェブページに Ruby AutoApply の JavaScript をリンクして1メソッドを呼び出し。後はルビの定義をメタタグでページ内に埋め込むか、外部ファイルとして配置しておけば、ルビの定義を解析してその語が一番最初に登場したタイミングで自動的にルビを振ってくれます。このページでもルビを振っています。ご覧のブラウザがルビに対応していれば見れているはずです。

3.準備は2ステップ

JQueryを導入

profaim Ruby AutoApply の使用には JQuery が必須です。あらかじめ http://jquery.com/ のページから入手しておく必要があります。

profaim Ruby AutoApply

profaim-ruby-autoapply-mini.js をダウンロードして自サイトへアップロードするか、以下を直接リンクすることで利用可能です。ただし、直接リンクする場合は最新化する手間は省けますが、最新化に伴って予告無く仕様が変わる可能性があることご了承ください。

http://www.profaim.jp/utility/javascript/ruby-autoapply/js/recent/profaim-ruby-autoapply-mini.js






  フリガナ自動適用スクリプト  
profaim-ruby-autoapply.js
ライセンス
ダウンロード

PR

カスタム検索





このエントリーをはてなブックマークに追加