profaim  >  ステップアップ  >  技術者でない方向け  >  ホームページを作ろう  >  ホームページ作成に挑戦  >  シンプルなページを作ってみる

シンプルなページを作ってみる

作成日:2012/01/09 最終更新日:2012/01/09
ホームページ作成 HTML

文章だけのシンプルなホームページを作ろう

題材とするホームページ

シンプルなホームページ図のホームページは、ホームページが始まった初期の頃のイメージで作りました。いまでこそ華やかなページが多いですが、当時はこの様にいたってシンプルなものでした。

ホームページ作成が始めてで右も左もわからないうちは、シンプルなホームページを作って覚えるのがお勧めです。これでもまだ少し難しいので「表」や「リスト」も後回し、まずは見出しと文章だけがあるホームページを例に説明していきます。

ホームページは文章+文書構造

ホームページ作成で重要になってくるのが、文章文書構造です。文章というのは伝えたい内容、文書構造というのはページのタイトルや見出し、本文といった文章を構成する要素のことを示します。

文書構造を意識する

文書構造の例シンプルページの文書構造

文書構造は文書の体裁を整えるために決めるもので、必ずこの様な構成にしなければダメと言った決まりはありません。文書構造はあくまでも一例として、文書構造の書き方について気をつけて見ていきましょう。

文書構造を赤枠でかこってみました。大きく分けると「タイトル」「見出し」「段落」だけのシンプルなページです。

ヘッダと本文

「タイトル」だけは他と違いウインドウタイトルの場所(上部の灰色部分)に表示されていますが、これら本文と別の内容は「ヘッダ」と呼ばれています。本文はそのまま「本文」です。ホームページは「ヘッダ」と「本文」に分けられ、その中に文書構造が作られています。

この様な文書構造をHTML(エイチ・ティー・エム・エル)という文法に従って記述していくとホームページを作ることができます。

※引き続き HTML の書き方について記載していきます。(執筆予定)





  ホームページを作ろう  
インターネットにホームページを
24時間365日見れる仕組み
ホームページ公開の費用はいくら?
レンタルサーバーの費用
独自ドメインの費用
独自ドメイン/レンタルサーバ設定
独自ドメイン設定例(ロリポップ)
ホームページ作成に挑戦
ホームページ作り難しそう・・
シンプルなページを作ってみる

PR

カスタム検索





このエントリーをはてなブックマークに追加