profaim  >  profaim.base 利用者情報  >  拡張タグ仕様  >  profaim.include

profaim.include

記載日:2006/03/13

拡張タグ仕様

<profaim.include>タグは外部ファイルとして定義したファイルをウェブページに取り込みます。複数のウェブページで同一のコードを記述したい場合に、それを外部ファイルとして取り込むことができます。

また、設定ファイルに記述することで グループ単位に include で指定したファイルを取り込まないという選択も可能です。

主な想定用途は広告の挿入です。 profaim.jp ウェブサイトでは Google社 の AdSense 広告の挿入に使用しています(2006年3月13日現在)。

  1. <profaim.include file path>group-name</profaim.include>
file String 取り込むファイル名(拡張子を含む)
path String 取り込むファイルが格納されているポイント( profaim.base の data/include/以下のフォルダ)
group-name String 任意のグループ名

拡張タグ使用例

<profaim.include file path>group-name</profaim.include>

ウェブページに取り込みたいファイル 「inc_file.html」 があったとします。このファイルを profaim.base の 「data/include/test」 フォルダに格納した場合、タグの使用例は下記となります。グループ名も指定する必要があるのでここでは、"BaseTest" としておきます。

<profaim.include file="inc_file.html" path="test">BaseTest</profaim.include>

設定ファイルにより include を無効にする

取り込んだ外部ファイルを一時的に無効にしたい場合は profaim.base の設定ファイル (profaim.web.conf) の NO_INCLUDE属性 にグループ名を指定します。複数のグループを無効にしたい場合はセミコロン(;)で区切って指定します。

profaim.web.conf
1: NO_INCLUDE="BaseTest"





  profaim.base 利用者情報  
基本仕様
ウェブページ拡張方法
拡張タグ仕様
profaim.include
profaim.link
profaim.title
サポート
info@profaim.jp

PR

カスタム検索