profaim  >  関連技術  >  言語・環境  >  PHP

PHP Hypertext Preprocessor

作成日:2008/12/21
PHP


PHP Hypertext Preprocessor  掲載記事一覧
1 PHP include時のパス解決方法 includeやrequireで読み込み対象とするパスはプログラムから設定できます。

多くのレンタルサーバーで利用できるスクリプト言語

PHP とは

PHP(PHP Hypertext Preprocessor) は、 データベースを利用したウェブアプリケーションが作成しやすい様に設計されているスクリプト言語です。 ウェブサーバーでの利用では CGI のように、 リクエストされたページに埋め込んである PHPスクリプト をサーバーサイドで処理し、結果をレスポンスとして返すという流れになります。 従来の CGI では処理毎に CGI のプロセスが立ち上がるのに対し、 PHP はウェブサーバーにモジュールとして組み込むことで処理毎にプロセスを作成する必要がないという利点があります。

多くのレンタルサーバで利用できる

PHPがデータベースを利用したウェブアプリケーションの開発に長けていることや、 それまで高価だったデータベースシステムにフリーのものが登場してきたことから、 PHP を使用した掲示板やブログや SNS といったコミュニティサイトが作成できる無料のツールが作成され話題となっていきました。 これらのツールやデータベースへの標準対応をうたうレンタルサーバーが次々と現れ、今ではほとんど全てと言っていいくらいのレンタルサーバーで PHP を扱えるようになっています。

参考文献






  言語・環境  
Java
総称型(Generics)
JFace
Servlet/JSP
ResponseWrapper処理の流れ
PHP
includeパス解決方法
Objective-C
Cocoa
Excel関数
目的別

PR

カスタム検索