profaim  >  profaim.base 技術資料  >  機能説明  >  参照元リンク機能

参照元リンク機能

Write : 2005/12/29

機能概論

参照元リンク機能とは、前ページに戻るためのリンクを動的に作成する機能です。ブラウザの戻るボタンと役割は同じですが、ウェブサイト内で機能を完結させたい場合や、戻るボタンの無いブラウザを意識した場合に必要不可欠な機能です。

戻るボタンの無いブラウザがあるかどうかはわかりません。携帯電話のブラウザとかにはあるのでしょうか・・。profaim.jp に戻るボタンを実装した理由は、ページをスクロールさせて記事を読み終わった後にウインドウ上部にあるブラウザの戻るボタンを押しに戻るのではなく、読み進めた流れで「戻る」を選択できた方が便利だと考えたためです。

ただ参照元のページに戻したいのであれば、前ページへのリンクを直書きすればよいと思うかもしれません。しかしそれでは、間にページが追加されたり、ページが削除された場合に前後のページのリンクを書き直さなければいけなくなります。また、あるページが複数のページからリンクされていた場合、どちらに戻せばよいかはリンクがたどられてきた時しか判断できません。

このような理由から、profaim.base 基盤ではウェブページアクセス時の参照元情報でハイパーリンクを作成し、前ページに戻るためのリンクを提供します。




参照元リンク機能 技術資料
1 実装方法の検討
2 内部仕様(掲載予定)