profaim  >  関連技術  >  データ形式  >  連想配列

連想配列

記載日:2006/05/29

連想配列

通常の配列は、添え字(キー)として取り得る値はインデックスを表す数値のみです。例えば "TARO", "22", "600" という値を配列 X に格納した場合、X[0] = "TARO", X[1] = "22", X[2] = "600" の様になります。

連想配列とは、通常の配列と違い添え字(キー)として任意の文字列も取れる様にしたものです。上の例を連想配列 Y に格納した場合、Y["NAME"] = "TARO", Y["AGE"] = "22", Y["SCORE"] = "600" の様になります。

通常の配列と連想配列とも格納できる値に変わりはありませんが、添え字(キー)を任意の文字列とすることで意味を明確に表すことができます。





  関連技術  
ネットワークとプロトコル
データ管理
RAID1
データ形式
拡張子(Extention)
CSV 形式
連想配列
W3Cによる日時表記
SEO
メニュー・見出し・タイトル
色彩・デザイン
モニタ・キャリブレーション
言語・環境
Java
Servlet/JSP
PHP
Objective-C
Excel関数
サポート
info@profaim.jp

PR

カスタム検索