strpos

Write : 2005/12/20 LastUpdate : 2005/12/21

構文・説明

result = strpos( source, search, offset = 0 );
source string 検索対象文字列
search string 検索文字列
offset int 検索開始オフセット( 1文字目 0 からのオフセット)
result int 検索文字列が最初に見つかった位置( 1文字目 0 からのオフセット)
false 検索文字が見つからなかった場合

strpos 関数は、ある文字列 source の中から、文字列 search を検索し、search が最初に現れるオフセット result を返します。検索を開始するオフセット offset を指定することもできます。もし source 中に search が存在しなかった場合、strpos 関数は false を返します。

リファレンス & チップス 例文

例文 関連する関数
「@」以降の文字列を抽出する strpos, substr 





  関連技術  
ネットワークとプロトコル
データ管理
RAID1
データ形式
拡張子(Extention)
CSV 形式
連想配列
W3Cによる日時表記
SEO
メニュー・見出し・タイトル
色彩・デザイン
モニタ・キャリブレーション
言語・環境
Java
Servlet/JSP
PHP
Objective-C
Excel関数
サポート
info@profaim.jp

PR

カスタム検索